🎉コロナ禍の悲哀を川柳で笑いに

「ドラマ2」
2022-02-14
みんな違ってみんないい
2022-01-29
🎉コロナ禍の悲哀を川柳で笑いに
 
🎉世相や働く人の悲哀をユーモラスに詠んだ「サラリーマン川柳」が今年も発表されました。第一生命保険会社が募集し、6万2657句の中から、コロナ禍の働き方や生活の変化を詠んだものなど、優秀作100句が選ばれました。
🎉「『パパいるの!』 在宅続き 『またいるの?』」
在宅勤務が続くと家族に迷惑がられますが、出勤しても帰宅すると家族に敬遠されます。
🎉「『ただいま』と 声を聞くなり 妻マスク」
そして、ワクチン接種が日常になると…。
🎉「あいさつは もう打ちました? 熱は出た?」
 
🎉優秀作100句は以下のURLで閲覧できます。
https://www.dai-ichi-life-contents.jp/cp/202201/sarasen/index.html?route=000006&staff=00000000
🎉この中からお気に入りの1句を3月18日まで投票することができます。ベスト10は5月下旬に発表される予定です。
 
❤用川柳笑談新冠肺炎之禍的悲哀
 
❤今年也發表了用幽默的手法描寫世態和工作人員悲哀的「上班族川柳」。 第一生命保險公司徵文,從6萬2657首俳句中選出了100首優秀作品,包括描寫新冠肺炎的工作方式和生活變化等。
 
❤「『爸爸在家喔!』 持續在家中 『還在家喔?』」
 
❤繼續在家工作的話會給家人帶來麻煩,但是即使上班回家了也會被家人敬而遠之。
一聽到「『我回來了』妻子就立即戴上口罩」
並且,疫苗接種成為日常的話…。
「打招呼 已經打疫苗了嗎? 有發燒嗎?」
 
❤100句優秀作品可以通過下方的URL閱覽。
https://www.dai-ichi-life-contents.jp/cp/202201/sarasen/index.html?route=000006&staff=00000000
❤可以在3月18號之前對您喜歡的句子投下一票。票選的前十名預計會在五月的下旬發表。