忌み言葉

神無月
2021-09-18
「風情がある」と「情緒がある」
2021-09-18
◎忌み言葉(いみことば)
忌み言葉とは、その場にふさわしくない、縁起の悪い言葉のことです。現代的な言葉で言えば「NG ワード」です。例えば結婚式の時、言ってはいけない言葉があります。司会者はもちろん、お祝いのスピーチをする人は特に気をつけなければなりません。
忌諱之詞是對場合不合時宜,不吉利的詞彙,用現在的話來說就是「NG ワード(NG字眼)」
例如也有在結婚時不能說的話,當然司儀或發表祝福感言的人也必須特別的注意。
——————————————————————————————————————
💔【帰る】【去る】【戻る】【切る】【切れる】【別れる】【離れる】【終わる】……💔
これらは結婚式の忌み言葉です。なぜNG かというと、全て離婚を連想させるからです。
🍰それでは「ウエディングケーキを切る」とき何と言うのでしょうか。これは、「ウエディングケーキにナイフを入れる」と言います。披露宴の「終わり」は「お開き」と言い換えたりします。
【帰る】【去る】【戻る】【切る】【切れる】【別れる】【離れる】【終わる】……
這邊是結婚典禮上的忌諱之詞,要說為什麼NG的話,因為全部都會使人與離婚聯想在一起。那這樣的話在切結婚蛋糕時,要說什麼才好呢?這種情況下會說「要把刀子放進蛋糕」,喜宴 (終わり)結束會換成說(お開き)散會之類的。
——————————————————————————————————————
受験生がいる家庭にもNG ワードがあります。
📝【滑る】【落ちる】
これらは、不合格を意味する「試験に滑る」「試験に落ちる」を連想させます。
📝【転ぶ(ころぶ)】【躓く(つまずく)】
これらは「転ぶ人生」「躓く人生」を連想(れんそう)させます。
📝【散る】
昔、不合格の知らせを電報で打つとき、その電文は「サクラ チル」(桜 散る)でした。ちなみに合格の場合は「サクラ サク」(桜 咲く)です。
📝【破れる】【 壊れる】
「夢に破れる」「計画が壊れる」を連想させます。
受験生がいる場所で、「明日北海道へスキーに行くんだ、思いっきり滑ってくるよ」「へー、東京じゃもう桜が散ったのに、北海道じゃスキーか、張り切ってあんまり転ばないようにね」なんて会話はNGです。
家裡有準考生的人也有NG的詞。
【滑る】【落ちる】
這些會有不合格的意思,使人聯想到 「試験に滑る(意近考試滑鐵盧)」「試験に落ちる(意近考試落榜)」。
【転ぶ(ころぶ)】【躓く(つまずく)】
這裡讓人有「跌跌撞撞的人生」「受挫的人生」的聯想
【散る】
在以前,用電報打送不合格的通知時,這則電報就為「サクラ チル(桜 散る)」,順道一提,合格的話是「サクラ サク(桜 咲く)」。
【破れる】【 壊れる】
使人聯想到「夢想破滅」「破壞計畫」
有考生在的場合,「明天要去北海道滑雪、要滑到心滿意足為止」「唉-東京的櫻花明明都已經謝了、去北海道滑雪啊、要小心注意別摔傷喔」之類的對話是NG的。
——————————————————————————————————————
「言霊(ことだま)」という言葉があるように、言葉の中には不思議な力が宿っていると言われます。縁起の悪い言葉を使うと、本当に良くないことが起こってしまうかも知れない……そんな心配があるのでしょう。バカバカしいけれども、これもまた、人を思いやる優しい気持ちの表れだと言えます。
如同言靈這一詞所存在一樣,傳說著在話語之中有著不可思議的力量寄宿於此。如果使用不吉利的字眼的話,搞不好真的會發生什麼不好的事…也會這樣擔心對吧?雖說這些有點荒謬,但這也能說是把替人設想的心情表現出來。