「生活流行」日本人的防寒對策

「節慶時事」女兒節(雛祭り)的由來
2020-03-09
「日語學習」向醫生說明症狀的會話
2020-03-04

日本の1月・2月は年間で特に気温が低い月です。気象庁の過去のデータによると、以下のようです。
1月和2月是日本一年中氣溫特別低的月份。根據氣象局的歷史資料如下:

東京の平均気温・2月
1876年 3.4度
1883年 1.9度
1923年 3.0度
1945年 1.6度
2000年 6.0度
2019年 7.2度

過去に比べ、近年は少し高めですが、それでも10度を下回っていますね。
日本人はこんな寒い季節にどんな防寒対策をしているのでしょうか。全4回にわたって、ご紹介します。

與過去相比,近年來略有提高,但仍低於10度。
日本人在這樣寒冷的季節會採取什麼樣的防寒措施呢?



第1回 【湯(ゆ)たんぽ】(熱水袋)

室町時代(約550年前)にはすでに日本人は湯たんぽを
使用していたようです。お湯を容器に入れ、その容器を
布の袋に入れます。寝る前に布団の足元に置けば、足元
から体が温かくなります。但し、朝には冷めている点、
火傷に注意が必要な点がデメリットです。
最近では充電式のもあるようです。
私も台湾で時々、使っています。

在室町時代(約550年前),日本人已經開始使用熱水袋。把熱水放在容器裡,再把那個容器放在布袋裡。睡覺前放在被子的腳邊,身體會從腳板暖和起來。然而,有個二個缺點要注意的是,到了早上裡面的水就會變冷,另外,使用時也要注意燒燙傷。最近也有充電式的。我有時也會在臺灣使用呢。



第二回【床暖房】(地暖)

床暖房の普及率は北海道で25%、東京で20%、福井県で5%
ほどですので、取り付けている家は多くないようですが、
これがあれば、テレビを見ている時も、子供が部屋で遊ぶ
時も、一家団欒の時もぽかぽかして、いいですね。
温水式と電気式があります。
私の高校時代の友人の一人の家に床暖房があります。
クラスのみんなから「お坊ちゃま」と呼ばれていました。

地暖的普及率在北海道是25%,東京是20%,福井縣是5%左右,依數據來看有安裝的房子好像不多,但有了這個的話,看電視的時候,孩子在房間裡玩的時候,全家團聚的時候都因為地暖暖洋洋的,很不錯呢。一般分為熱水式和電氣式。我高中時的一個朋友家裡因為有地暖,還被班上的人稱為“少爺”😂



第三回【カイロ】(暖暖包)

鉄と酸素が化学反応を起こす際に出る熱を利用したものが
カイロです。最近では貼るタイプのものが人気ですね。
貼るポイントは首・背中・お腹・腰・足の5か所です。
個人的には夜、寝る時に腰に貼るのが好きです。寝相が
悪くても、はがれてしまうことがあまりないですし、
仰向けで寝れば、背中だけでなく、ついでに敷布団も
温まります。

暖暖包是利用鐵和氧的化學反應進而釋放能量的東西。最近貼片型的大受歡迎。主要可以貼在脖子、背、肚子、腰、腳5個地方。我個人喜歡晚上睡覺的時候貼在腰上。即使睡相不好,也不太會脫落,仰臥的話,不僅是背部,床墊也會變得很溫暖。



第四回【UNIQLOのヒートテック】
日本の冬には欠かせないアイテムですね。いろいろな
メーカーが出していますが、手頃価格なのはやはりUNIQLO
でしょう。
シャツ自体は軽くて、薄いので、インナーとして大活躍!
肌に密着していないと効果を発揮しないので、
体にフィットするサイズを選びましょう。
2枚重ねは意味がありませんよ!洗濯を繰り返して、
生地がヨレヨレになると、肌との密着感がなくなるので、
その頃が買い替え時です。

【UNIQLO發熱衣】

這是日本冬天不可缺少的小物。雖然多家廠商都有製造,但是價格最合適果然還是UNIQLO 了。因為衣服本身很輕薄,所以作為衛生衣非常受歡迎呢! 選購尺寸時要選擇合身的,如果穿到不合身的就無法完美發揮效果了喔!
且穿二件的話也是沒有意義的。一直重複洗滌的話,衣服也會變得皺巴巴的,導致變的不合身,那時候就該買新的替換了喔。

さて、今回は4回にわたり、「防寒対策」を紹介しました。
台湾でも時々、寒いときがありますね。皆さんはどんな
防寒対策をしていますか。

這次介紹了4次的“防寒對策”。
臺灣也常常很冷,大家都是怎樣保暖的呢? 有防寒措施嗎?


看看更多日本的大小事→ https://143school.com/japanese-library/

【十四山村塾日本語】
連絡電話:02-2877-2300
line@:http://nav.cx/1pgWy2a
山村地址:台北市士林區天玉街22號
入村時間:(平日)9:00-21:30
(假日)9:00-18:30/週日固定休
▪instagram:  https://www.instagram.com/jushiyamajuku/