我是鰻魚?!在日本十分常見的~うなぎ文~

【2021十四山村塾冬令營】1/25(一)~1/29(五)熱烈開跑
2020-11-24
【十四山村塾-日本語老師】林 老師自我介紹
2021-01-15

我是鰻魚?!在日本十分常見的~うなぎ文~

 

以下の状況を想像してみてください。

レストランで、食べるものを決めている2人の会話です。

A:何を食べる?

B:ぼくはうなぎだ。


友達と食事をしに行って、店内で食べるものを決めている時、友達に「何にするか決めた?」と聞かれて、みなさんは何と言いますか。日本人の中ではこのように「ぼくはうなぎだ」と答える人がいます。これはもちろん“I am an eel.”という意味で言っているわけではなく、「ぼくはうなぎを食べる」という意味なのはすでにお気づきだと思います。

このように、述語を省略して「~は~だ。」「~は~です。」「~は~。」で置き換える言い方を、日本語では「うなぎ文」と言います。どうして「うなぎ」文という名前なのかはいったん置いておいて、日本語ではこのような会話は日常生活の中でよく使われています。ではどんな状況で使われているのでしょうか。


①【居酒屋で注文する時】

A:ビールの人〜?

B/C:は〜い。

D:あ、わたしはウーロン茶!


②【乗っているバイクの話題になった時】

A:何のバイクに乗ってるの?

B:ぼくはカワサキ。


③【バス乗り場で、バスの行き先を聞く時】

A:すみません、このバスは品川へ行きますか。

B:このバスは新宿ですよ。


④【iphoneの充電器を借りる時】

A:ごめん、充電器持ってる?

B:あ、おれはandroid。


⑤【スマホのテレビCMのキャッチコピー】

だからわたしは、


⑥【地下鉄で車掌に乗り換える駅を尋ねる時】

A:すみません、渋谷へ行きたいですが、どこで乗り換えますか。

B:渋谷は永田町ですよ。)

(補足説明:渋谷へ行くには、永田町駅で乗り換えるという意味。)


いかがでしたか。

日本語を勉強する人にとって、この述語の省略というのは、ときに難しく感じる時があるかもしれません。日本語を学習している人の中には、助詞「は」と「が」の区別が難しいと思う人は少なくないと思います。助詞「は」は文の主題(題目)を表していますが、うなぎ文を見てみると、日本語の助詞「は」というのが「主語」を表しているわけではなく文全体の「題目(主題)」を表しているということがよくわかりますね。

以上、「うなぎ文」の紹介でした。

日本人の友達・同僚が「うなぎ文」を言っていても、あわてずに理解できたらいいですね

 

 

請想像以下的情況

這是在餐廳裡,兩個人正在決定要吃什麼的對話。

A:要吃什麼呢?

B:我要鰻魚。


和朋友一起去吃飯,在餐廳裡決定要吃什麼時,被朋友問「決定好要吃什麼了嗎?」的話,大家會怎麼回答呢?在日本也有人會用「我是鰻魚(ぼくはうなぎだ)」這種說法。這當然不是”I am an eel.”的意思,而是「我要吃鰻魚」的意思,我想大家也都注意到了。

 

像這樣省略掉謂語「~は~だ。」「~は~です。」「~は~。」的說法,日文稱之為「うなぎ文」。至於為什麼會叫「うなぎ」文這個名字呢?我們先撇除不說。在日文裡面,類似這樣的對話在生活中很常被使用,那又會使用在哪些情況呢?


①【在居酒屋點餐時】

A:要點啤酒的人~?

B/C:我~

D:啊、我是烏龍茶!(我要點烏龍茶)


②【討論機車話題的時候】

A:你騎什麼車呢?

B:我是カワサキ(品牌)。(我騎的是Kawasaki品牌的車)


③【在公車站、詢問公車目的地的時候】

A:不好意思,這台公車會開往品川嗎?

B:這台是新宿喔!(這台車是開往新宿喔!)


④【借Iphone充電器的時候】

A:抱歉,你有帶充電器嗎?

B:啊、我是android。(我用的是android)


⑤【智慧型手機的電視廣告標語】

所以我是,Xperia


⑥【在地鐵向車掌詢問轉乘資訊時】

A:不好意思,我想要去涉谷,要在哪裡換車呢?

B:涉谷是永田町喔!
(補充說明:意思是要去涉谷的話,需要在永田町站換車)


大家認為怎麼樣呢?

對學習日文的人來說,這樣省略掉謂語的用法,可能有時候會感到困難。在學日文的人們之中,難以區別助詞「は」及「が」的人也不少。助詞「は」為表示句子的主題(題目),但從うなぎ文來看,日文的助詞「は」並不是表示「主語」,而是表示整個句子的「題目(主題)」。

 

以上就是「うなぎ文」的介紹。

當日本的朋友或同事使用「うなぎ文」時,也不慌不忙的理解就好了呢!


加入十四山村塾官方FB粉絲團給你最多遊日時事
看看更關於日本文化的分享文章

想學好日文嗎?無論您是因為興趣、旅遊、日本打工度假還是有留學、日本遊學、商用的需求,都請交給十四山村日本語塾最有熱忱的教師團隊陪伴您達成目標與夢想!

請撥打士林學日文首選-十四山村日本語塾試上專線-歡迎來電👉(02)2877-2300

十四山村日本語
十四山村日本語
我們熱烈邀請您來到「十四山村日本語塾」,溫暖的燈光及樸實的木地板營造出濃濃的日本環境和氛圍,在這裡彼此都能輕易的使用日語打招呼,在生活當中應用日文,和我們一同感受如何在快樂中學習日語,也給我們機會以簡單的日本綠茶或咖啡來招待您。